補聴器には副作用がありますか?

選択された補聴器の専門的なフィッティングを通じて、聴覚を傷つけるだけでなく、聴覚障害者の音声解決能力と音を知覚する能力を強化し続けます。 ただし、補聴器が適切に取り付けられていないと、さらに難聴を引き起こしたり、聴覚障害者に問題を引き起こしたりする可能性が非常に高くなります。 そのため、補聴器の専門フィッティングセンターに行く必要があり、専門のフィッティング資格のフィッティングには、自由に購入できない補聴器を装備することができます。 補聴器の装着は依存する可能性があります。つまり、補聴器はあなたに役立つので、補聴器なしではできないので、日常のコミュニケーションを改善するために補聴器が必要です。

u=3834322749,1883732112&fm=26&gp=0.jpg

補聴器は耳に介入します。 眼鏡をかけるように、副作用はありません。 最近では、補聴器は基本的にコンピューターによってデバッグされるデジタル補聴器です。 フィッターは、各人の聴覚状況に応じて補聴器をデバッグします。これにより、残留聴覚を保護できます。 オプションの補聴器にはアナログ補聴器を選択しないことをお勧めします。 アナログ補聴器には、アンプに相当する圧縮機能はありません。 耳には良くないので、デジタル補聴器を使用するのが最善です。