長年にわたり、アナログ補聴器しか手に入れることができませんでした。 現在、アナログデバイスは引き続き利用可能であり、ユーザーにとって多くの利点があります。

アナログ補聴器は、スピーカーに接続されたマイクと同様に機能します。 補聴器は外部の音を拾って増幅し、同じ音を大きな音量で出力します。 デジタル補聴器とは異なり、アナログ補聴器はすべての音を均等に増幅します。 前景ノイズと背景ノイズを分離したり、特定の種類の音を分離することはできません。

とはいえ、多くのアナログ補聴器は依然としてプログラム可能であり、さまざまな環境に合わせて複数のリスニングモードを提供します。 アナログの補聴器はデジタル処理されていないため、「温かい」と思う人もいます。

アナログ補聴器のその他の利点は次のとおりです。

平均して低価格
同じ出力音量でより長いバッテリー寿命
セットアップが簡単

すべての8結果を表示

サイドバーを表示